新・薬剤師を目指す学生のブログ 

はてなダイアリーより引っ越しました。毎日更新すると思いますので購読よろしくお願いします。

化学式 その6 ベンゼンとシクロヘキサン

f:id:Saitama-2000:20171119135959j:image

【シクロヘキサン】

シクロヘキサン(cyclohexane)は飽和環状炭化水素です。化学式はC6H12。無色透明の液体で有機溶媒によく溶けます。ベンゼンと形が似ていますが、構造的にすこし違いがあります。

ベンゼンが平面構造なのに対しシクロヘキサンはすこし歪んだ構造になっています。分子量は84g/molです。

大学の有機化学ではアキシアル、エクアトリアルという構造が出てきます。水素の向きによる違いですね。あと、立体配座が安定型と不安定型があり、普通シクロヘキサンは椅子型構造で安定してます。舟型構造もできますが、不安定であるためあまりありません。

皮膚などに触れると皮膚炎を起こす可能性があるので取り扱いには注意が必要です。

ベンゼン

ベンゼンは代表的な芳香族化合物で、C6H6で表されます。

すべての炭素がsp2混成軌道をもっていますのでベンゼンのすべての原子は同一平面上にあります。

このベンゼンから色々な誘導体を作ることができ、反応の試薬としてたくさん使われます。

もちろんベンゼン自体は人体にとって毒性があります。取り扱いには注意が必要です。

ベンゼンはフェノールなどの合成に欠かせない物質です。